次世代タバコ「プルームテック(Ploom TECH)」購入レビュー

ここ最近、日本ではアイコスを筆頭に電子タバコブーム。
「アイコス」「グロー」「プルームテック」と数ある電子タバコの中から
JTから販売されているプルームテックを購入して2ヶ月。
2ヶ月間使用した感想を書いていく。

 

私の周りには喫煙者が多くいたが、皆「iQOS(アイコス)」や「グロー(glo)」に切り替えていた。
なのでアイコスやグローのメリット・デメリットは事前に知る事ができていた。

正直この三種類のメリットを挙げると、

  • 匂いが少ない
  • 灰が出ない
  • ヤニ汚れがない
  • 煙が出ない(水蒸気はでます)
  • 身体への害が少ない
  • 周囲への害が少ない

などなど同じようなメリットが挙げられる




 

そんな中、何故プルームテックにしたのかと言うと

  • アイコス、グローに比べ圧倒的に臭いがしない
  • 本体の清掃の必要がない
  • 現在東京在住である
  • 本体が安い
  • 吸ったタイミングで電源が入る(1,2回だけ吸うことも可能)

プルームテックのデメリットはやはり購入店舗がまだ少ない所ではないでしょうか?

福岡東京での先行発売が始まり、まだ地方では取り扱いがない。

ネットから購入出来るようですが、別途送料がかかるらしい。

しかし、今現在(2018年3月時点)取り扱い店舗があるのは「東京都、札幌市、仙台市、横浜市、名古屋市、大阪市、広島市、

福岡市」と徐々にエリアを拡大しています。

都内のコンビニであれば、予約不要で本体の購入も可能。




プルームテックの見た目はこんな感じ

スタイリッシュである。

 

驚きなのが本体はこの部分のみ

タバコカプセルを購入することでこの部分は毎回付いてくる

 

なので、清掃の必要もなく、タバコカプセルが5つ終わるごとに交換
ちなみにタバコカプセルは5つ付いてくるが、1つにつき50パフと言われている。
50パフすると本体の先端部分、青いランプが40秒間点滅し交換をお知らせ。
点滅している間は吸い込みが出来なくなる。

この一箱(250パフ)感覚的には一般的なタバコ一箱と変わらないかな?
ただ、自分の好きなタイミングで一吸いだけが出来るのはとても良い。逆にエンドレスで吸ってしまうデメリットもあるが、何となく数分で止めれば吸いすぎる事はないだろう。

 

充電は90分で満充電となる。
専用の充電器に本体を接続し、USBに繋げば充電となる。

満タンになると、赤ランプから白ランプへと変わる。

吸い心地は軽く、適度に喉にくる感じ。
これはアイコスやグローを吸っている人からすると弱く感じるようだが、正直吸い慣れてしまえば気にならない。
むしろ吸い方次第で、十分に吸った感を感じることが出来る。

現在タバコカプセルの種類は5種類
  • 普通のタバコ味(イエロー)
  • メンソール(グリーン)
  • 甘いメンソール(パープル)
  • アップルミント(レッド)
  • カフェモカ(ブラウン)

 

一通り試したが、オススメはアップルミント(レッド)とメンソール(メンソール)

個人的な感想になるが、プルームテックの一番の魅力はほぼ臭いがしないところではないだろうか。
私はしばらく満足出来そうだ。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA