一人暮らしよりコスパがいい?話題の大型シェアハウスに住んでみた!

 

最近流行りのゲストハウスやシェアハウス。

なぜ今ゲストハウス、シェアハウスの利用者が増えているのか?

 

私は実際に数週間住んでみて感じた
シェアハウスのメリット、デメリットについて話す

 

 

まずはじめに「ゲストハウス」「シェアハウス」の違いについて話そう。

と言っても明確な違いはなく、強いて言うなら

ゲストハウスは一泊から~数ヶ月間という短期間での使用がメイン。

もちろん長期期間滞在することも可能。

キッチンやバストイレなどは共同、部屋はシングルルームかドミトリー(相部屋)から選べる。

シェアハウスは基本、短期間(2週間)などの滞在は出来ず、最低でも1ヶ月からの契約となる。

シャアハウスはアパートを借りる契約に近く、

ゲストハウスに比べ、諸々書類の提出や審査がある場合が多い。

よって利用者の滞在期間も長期的な人が多い。

 

キッチン、バス、トイレは共同、部屋はビジネスホテルのようなシングルルームがメインとなる。

大型のシャアハウスだと、シアタールームや防音室など完備している所もある。

ゲストハウスもシェアハウスも国籍を問わない為、いろんな国の人達と交流出来るのが魅力の一つだろう。

年齢層は幅広く、大学生や専門学生、上は50代まで住んでいる。

 




シェアハウスのメリット

  • 敷金礼金がない
  • 最短1ヶ月から利用可能
  • ガスや電気の開通不要
  • 家具家電不要
  • 多くの日本人や外国人と交流を図れる
  • 家賃が安い

 

デメリット

  • 部屋にキッチン、バス、トイレがない
  • 時間帯によってはキッチンの利用者が多く、炊飯器など使えない場合も
  • リビング(共有スペースには)常に誰かいる
  • 部屋によっては、キッチンやお風呂が遠い

 

私はシェアハウスは初体験だったが、想像よりはるかによかった!

一人になりたければ部屋に篭れば良いし、寂しければリビングに降りれば誰かいる。

強いて言うなら、バスタブやキッチンも共有の為、潔癖症の人には少し辛いかもしれない。

しかし、ラウンジなどの共有スペースやバス、トイレは

毎日掃除のおばちゃん達が清掃に来る為、常に綺麗な状態が保たれている。

 

 

一番よかった点をあげるなら、人との出会いである。

私は昨年沖縄に移り住み、一人暮らしをしている。

やはり未開の地で生活していると中々出会いはない。

その中で出会い仲良くなった友達はもちろんいるが、やはり少ない。

シェアハウスで3週間と短い間だが、沢山の出会いがあり、友達が出来た。

それも日本人だけではなく、いろんな国の人とも交流することがとても楽しかった。

 

 

総合的に見て、コスパもよく、人との生活が苦でない人ならシェアハウスはオススメだ。

私も次に引っ越す際はシェアハウスを検討するかも知れない。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA