写真上達がいとも簡単に!プロ御用達写真編集ソフト「lightroom」について

 

失敗した写真をゴミ箱行きにするのはまだ早い?

 

撮影して家に帰ってきて写真を見返すと

「真っ暗だ」「ブレている」「ピントがあってない」

そんなことありますよね。

撮影している時は気付かない事って想像以上にあります。

私もよく後悔をしますが、

 

その失敗した写真データってどうしてますか?

 

失敗だと思った写真が編集によって素晴らしい一枚に変わることもよくあります。

その時感じたものにカメラを向けシャッターを切っていれば

どんな形であれ、それはあなたの「写真」です。

解像度やブレなんて一旦忘れましょう。

そんなゴミ箱行きの写真を少なくする為に、写真の編集について少し話します。




 

写真の編集ソフトは沢山あります。

もちろん無料なものから、有料のものまで。

写真編集ソフトと聞いてみなさんが想像するのは「Photoshop」ではないでしょうか?

確かにPhotoshopは写真も編集出来るし、デザインも作れるしあらゆる事が可能なソフトです。

ただ、写真編集のみであればPhotoshopを使わずして、簡単に出来るソフトがあります。

それは「lightroom」

 

Photoshopと同じAdobeから出ている写真編集ソフト。

一般的な写真、風景やポートレートであればlightroomで十分です。

Photoshopのが複雑だし。

 

ちなみに購入方法には二つのパターンが存在します。

 

  • 永続ライセンス

一回買ったらバージョンアップしない限り永続的に使えるもの。

昔のゲームソフトみたいなもの。

 

  • サブスクリプションライセンス

月額制の為、支払い続ける限り最新のlightroomhが使えルもの

最近のゲームソフトみたいなもの。

 

ちなみに永続ライセンスでのlightroomの料金は17280円

サブスクリプションでは月額980円

 

正直買ったほうが安いじゃん。と思われるかも知れないが、

これは圧倒的にサブスクリプションのがお得。

なぜかと言うと月額課金制のLightroom CCには

「Photoshop CC」もついてくるのです。

 

なので実質、Photoshopとlightroomの最新版が使えて月額980円となります。

 

私はAdobeのコンプリートプランに入っています。

コンプリートと言うだけあって使える製品は沢山あります。

Photoshop CC
Lightroom CC
Illustrator CC
InDesign CC
Acrobat DC
Adobe Muse CC
Dreamweaver CC
Animate CC(旧 Flash Pro)
Premiere Pro CC
After Effects CC
Audition CC
InCopy CC
Character Animator (Preview)

 

映像編集ソフトの「Premiere Pro CC」やデザイナー御用達の「Illustrator CC」も

ついてくるコンプリートプラン。

料金は4,980円とちょっとお高い。

 

しかしこのコンプリートプラン学生だとなんと月額

1980円で使用可能

半額以下って。

 

 

話が逸れましたが、月額980円であれば試して見る価値はあるので

  • 今まで編集作業に興味がなかった
  • 高くて買う気がしなかった
  • 敷居が高いと思っていた

こんな方は無料期間もあるので一度試してみて

いじり倒せばいいと思います。

今まで撮影してた写真がもっとよくなる事でしょう。

 

前振りが長くなりましたが、ここからlightroomでどんな事が出来るのか?

Before/afterで見てみましょう。

 

一枚目(Before)

花の写真

Before

ピントが浅くいかにも一眼レフで撮影したとわかる写真。

このままでも十分綺麗だが、少しだけ作りこんでみた。

 

after

 

周辺光量などを落とし、雰囲気のある写真へと変わった。

もっとわかりやすい写真で試してみる。

 

沖縄の風景写真

Before

絞りすぎているのか、少しアンダーの写真。

とても綺麗なはずの青空と海が死んでしまっている。

さらに水平の傾きが気になる一枚。

 

編集してみた。

after

 

どうだろうか?

青空も青くなり、写真上から下にかけて少しグラデーションが出ている。

フィルターをかけたので少しフィルムのような仕上がりに。

こんな編集が1分程度で出来てしまう。

 

 

ちなみにこんな編集も簡単に出来る。

Before

 

 

 

after

 

モノクロの中に黄色いタクシーのみ色を残してアート風に。

 

 

 

かなりアンダーな写真で試してみる。

Before

 

完全にアンダーだ。

月は綺麗に写っているものの、夕暮れの色が弱く全体的に暗すぎる一枚。

 

after

 

素晴らしい。夕暮れ時の色が出ているだけでなく、

青からオレンジへのグラデーションも見事だ。お気に入りの一枚になった。

 

写真において、編集ありきの撮影を嫌う人もいるが

私は編集する事はとても大事に感じている。

なぜかと言うと、編集する事により失敗だと凹んだ写真を蘇らせる事が出来たり、

気に入った作品、自分のお気に入りの写真が増えるから。

せっかくその瞬間瞬間を収めた写真。ゴミ箱行きにしてしまうのは勿体ない。

 

私は撮影5割、編集5割だと自分に言い聞かせている。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA