奥深い!安くてオススメ出来るオールドレンズを調べてみた

オールドレンズで日々の撮影をもっと楽しく

いつも写真を撮りに行く時、どのレンズを持って行こうか迷います。

私は出かける時、50mmと20mmを持ち歩いていました。

他にも85mmや200mmもありますが、やはり持ち歩くとなると万能レンズが便利です。

 

しかし、同じ焦点距離のレンズばかりで撮影していると、やはり少し画角を変えたくなり、飽きが来ます。

撮影自体も面白みがなくなって来たので、レンズの購入を考えました。

しかし、レンズは高価です。簡単に何本も買えないですよね。

そんな時、オールドレンズに辿り着いたのです。

そこで私が調べたおすすめ出来るであろう、比較的安く手に入るオールドレンズの紹介をします。

 



 

  • CONTAX Planar50mmF1.4

オールドレンズを調べると必ずと言っていいほど、こいつに辿り着く。

王道なのだ。解像度が非常に高く、ボケ感、シャープさ。その辺りはさすがカールツァイス。

50mm持ってなかったらこれで決まりだった。

 

  • Carl Zeiss JENA Flektogon 2.4/35

このJENA(イェナ)はイェナ市と言う都市の名らしい。詳しい情報

値段は少し高めだが、18cmまで寄れる評判の良いレンズ。シャープで描写も素晴らしく

万能型レンズ。

35mmは持ってないので欲しい。

 

  • PENTACON electric 135mm

値段的には申し分ない。ボケの評価が高い。

フレアがいい感じで入りそう、ポートレートなどに力を発揮しそうなレンズ。

うーん。135mm欲しいけど持ち歩くか心配。

 

  • Helios 44m-2 58mm f2

4000~8000円程度で手に入るオールドレンズ。

どうやらぐるぐるボケを出してくれるようだ。作品例を見てる限り結構良さげ。

安いから試しに買ってみるのも有りかも。

 

  • MIR-1B 37mm F2.8

Flektogonのコピーと言われるレンズ。

コピーと言われるだけあって描写はFlektogonに似ている。

こちらは10,000円程度で購入出来そう。正直こっちでもいいかな。

 

 

昔のレンズに詳しくない私ですが、調べるといろんなオールドレンズがありますね。
何より歴史が詰まってます。調べると面白いです。
調べていろんなオールドレンズを見ていると購入したい意欲が湧きました。
購入したらレビューブログも書きますので、是非ご覧下さい!

 

 




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA