満足度100%!Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZEが優秀過ぎる!

Carl ZeissMakro Planar T* 2/50 ZEを一年間使用して感じたこと

私は去年、単眼の50mmを買おうか迷っていた。

候補はキャノン50mmF1.2とCarl ZeissMakro planarとSIGUMA50mmF1.4DG HSMの3つ。

当時ツァイスだけ生産が終了していたので、中古しか存在しなかった。

私はまずデメリットをあげ、消去法で考えてみた。

 

キャノン50mmF1.2  最短撮影距離0.45 m
  • 重い(580g)
  • 赤ラインがあまり好きになれない
  • ボデっとしてて出目金みたい
  • フォーカスが安っぽい
  • 高い

 

ツァイス50mmF2  最短撮影距離0.24 m
  • 重い(510g)
  • オートフォーカスがない
  • 高い
  • 最大撮影倍率 1/2 倍

 

シグマ50mmF2  最短撮影距離0.4 m
  • 重い(815g)
  • 高い

 




最終的にはツァイスとシグマで迷っていたが、シグマは重すぎた。

そしてツァイスは何よりかっこいいではないか。

正直見た目も大事だ。着ている服もみんなと同じよりちょっと違う方がいい。

 

私は当時シネマトグラファーとして働いていた為、一眼レフカメラを使用し映像を撮影していた。

なので、オートフォーカスがないことは不便ではなかったのだ。むしろマニュアルレンズに興味があった。

今まで以上に写真が楽しくなるんじゃなかろうか、と。

 

正直この一本だけあればいいんじゃないかってぐらい、常にこのレンズを付いている。

写りも申し分ない。開放で撮影するとボケ感もすごく綺麗、絞ると素晴らしくシャープだ。何より重厚感とフォーカスリングの

ヌメッとした感じがたまらない。

 

ハーフマクロなので手持ち撮影でのピントのシビアさは恐ろしいが、比較したどのレンズよりも寄れる、マクロとしてではなく

寄れる50mmとして使うなら最高だろう。

50mmの好きなところは、風景写真を撮っても収まりが良いところ。万能型と言えるだろう。

このレンズはMFだか正直慣れてしまえば苦ではない。むしろ楽しみながら撮影ができる。

F2.8ぐらいであればファインダー越しでも十分ピントは合う。

とことん開放したければ、ライブビューで確認もすることをおすすめするが。

 

 

そしてこのレンズの最大の強み、それは頑丈なのです。

重厚感ももちろんだが、レンズフードもメタリックでかっこいい、プラスチックとは全然違う。

私は一度このレンズをつけている時に、コンクリートに落としてしまったことがある。

レンズが割れてもおかしくなかったが、レンズフードとレンズフィルターのおかげでレンズは無事だった。

正直、ツァイスじゃなかったらレンズが割れているか、AFが壊れていたことだろう。

それが少しレンズフードが曲がっただけだった。私はレンズフードの丈夫さに感動した。

 

何より価格.comのレビューが神がかっている




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA