一度付けたら外せない!?ZeissPlanar T* 1.4/85 ZEのレビュー

至福レンズ代表Carl Zeiss

ツァイス沼と言う言葉があるようだ、私はまだ足をつけていない。

しかし、現在50mm、85mmと二つのツァイスレンズを所有している。これ以上増えていくと危ない。

前回Carl ZeissPlanar T* 2/50について話したが満足度100%!Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZEが優秀過ぎる

今回は85mmってどうなんだい?と言うお話。

 



  • レンズ:85mmF1.4
  • フォーカス:MF
  • 最短撮影距離:100cm
  • レンズ構成:5群6枚
  • 絞り羽根枚数:9枚
  • 最大径x長さ:77×62 mm
  • 重量:570g
  • フィルター径:72 mm
  • メーカー希望小売価格:¥135,000

ざっとこんな感じ。

もう生産終了している為、中古で探した方が見つかりやすいかも。

 

まず、焦点距離85mmの中望遠レンズはどんな撮影に向くのか?

それはポートレート撮影でしょう。

 

  • 背景をぼかしやすい

正直F2.8あれば十分ボケますが、F1.4ともなればもう背景に何があるのか全くわからないぐらいボケます。

広角レンズではそこまで背景をボカせないので、そんな時に中望遠、望遠レンズが必須になります。

しかし開放すればするほど、ピントはとことんシビアです。まつ毛と目でピントが合わないぐらいシビア。最初の頃はこのボケ

感が楽しいと思います。

また圧縮効果で背景との遠近感をあまり感じられないように写すことが可能。

 

  • ゆがみ

広角レンズではどうしてもゆがみが出てしまう。広角であればあるほどゆがみはひどく出る。

それに比べて85mmはゆがみが少なくポートレート撮影に向いている。

 

  • 撮影時の距離感

これは個人差もあると思うが、85mmの焦点距離で人物の全身を写そうとすると4メートル以上離れる必要がある。

また寄りの写真を撮ろうにも最短撮影距離は100cmなので、ものすごく接近して撮影することはできない為、

ちょうどいい距離感で撮影を進めることができる。

 

ここまで85mmはポートレートに向いていると話しているが、これがツァイスだと一つ問題が出てくる。

そう、MFだ。
とにかくMFだとすごく億劫なのは頭の片隅に置いておいて欲しい。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA