実体験!国内線「LCC」jetstarをおすすめる理由(成田〜那覇)

成田発、那覇空港行きのLCCは第3ターミナルから出る為、若干の不便は感じるものの、

乗ってしまえば三時間足らずで那覇空港に到着する。

 

ここでjetstarを使ってよかった旨味がある。

那覇空港に着陸した際、peach、vanillaは第3ターミナルに着陸する。

那覇空港の第3ターミナルも離れた所にあり、成田と違う点がある。それは連絡バスを使うしか交通手段がないのだ。

連絡バスは10分に一度。タイミングが良ければロスはないがタイミングが悪いと結構な時間のロスとなる。

着陸後など、場合によってはバス待ちの待機列すらある。

その点jetstarは唯一LCCで第二ターミナル到着する航空会社なのだ。

第二ターミナルであれば、直接出口に向かえばモノレール駅もある。

私がjetstarを使っているのはこの利点のみ言っても過言ではない。

しかし那覇〜成田の場合、jet、vanilla、peachどの航空会社を使おうと、第3ターミナルに着陸する。

成田第3ターミナルから700m歩く事は必須なのだ。

しかし東京方面に出ようとしているなら、成田第3ターミナルから歩く必要はない。

東京、銀座行きのバスが第3ターミナルから出ているのだ。料金は1000円。

正直おすすめだ。第3ターミナルから移動をせず、東京駅、もしくは銀座駅まで連れってってくれる。

所要時間は1時間程度。本数も多い為、待ち時間などもそれほどない。

チケットは第3ターミナルで購入する事が出来る。

 

電車を利用する場合、第2ターミナルへ行き、そこから鉄道を利用する。京成線になる為、終点は上野や日暮里だ。

料金は1000円弱。所要時間は1時間15分程度。

以前は電車を利用していたが、ここ最近私はバスしか利用していない。

那覇空港はそんなに大きくないので迷う事はないだろう。

しかし、第3ターミナルに降り立つと無駄な時間がかかってしまう。その点だけは気をつけて頂きたい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA